離婚や面会交流についての話し合いは順調に進んでいますか? 取決めた面会交流、うまくいっていますか?

両親が離婚しても、お子さんが離れて暮らす親と会ったり、電話や手紙のやりとりをしたりして、お父さんからも、お母さんからも、愛情を受け続けることは、お子さんの成長にとって、とても大切なことです。
しかし、実際には、離婚しようとする夫婦が、お子さんのためとはいえ、面会交流について、自身の感情を乗り越えて、冷静に話し合うことはたやすいことではありません。

公益社団法人家庭問題情報センター FPICは、家族についての相談、ADR(民間型調停手続き)、面会交流援助の経験を蓄積してきました。
このたび、厚生労働省による親子の面会交流の円滑な実施に関する調査研究事業として面会交流専門の相談室「かるがも相談室」を開設(平成28年5月~29年3月31日)します。

面会交流やお子さんのことで悩んでいるお父さん、お母さん、気軽に相談してみませんか。
セミナーや講座に参加して、一緒に考えてみませんか。

お父さんやお母さんに、なかなか本当の気持ちを言えない、
誰かに気持ちを聴いてほしいと思っているお子さん、思い切って相談してみませんか。

  • 無料電話相談
  • 無料面接相談
  • ADR 民間調停(無料)
  • 面会交流実施の援助(無料)
  • かるがもセミナー 親ガイダンス(無料)
  • 講座 かるがもクラス ミニセミナー(無料)

パンフレットPDFダウンロード

こちらから、各種パンフレット(PDFファイル)をダウンロードしていただけます。

この調査研究に協力いただける場合、事業期間中(28年5月~29年3月)、上記のような相談や支援が無料で受けられます。 面会交流について、どうやって取り決めたらよいのか、自分たちで本当にできるのか、戸惑っている方も多いことでしょう。「はじめの一歩」に躊躇しているお父さん、お母さん、相談の先には、取決めのための話し合いの支援、面会交流の援助も行います。この機会に、かるがも相談室を利用して、一歩、踏み出してみませんか。

相談および支援、ならびにかるがもセミナー、講座かるがもクラスは、本事業が調査研究事業であることをご了解いただいたうえで、ご利用・ご参加いただくことをご理解ください。
個人情報につきましては、守秘義務を遵守し、適切に保護し管理いたします。